シガーワールド・cigar world.org 葉巻のたつのアメブロ 葉巻のたつのfacebook 葉巻のたつのtwitter google_plus youtube
シガーの種類 シガーの吸い方 シガーの形 ラッパーの色 シガーブランド シガーの保存方法
吸える場所 シガーQ&A データ集 葉巻の購入方法&通販 シガーグッズ にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ  
シガーワールドトップ > シガーブランド>Q&A
Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

よくある葉巻の疑問

 

葉巻のカットの注意点はありますか

葉巻は木型にはめ込んでかたちを整えますが、この木型に入れる関係で、円形ではなく下記のように巻かれています。カットはこの層をつぶすようにカットするとドローがわるくなります。上から下に向かってカットすると逆に葉と葉の間にスペースができドローがよくなります。

葉巻カットの方向図

葉巻虫が発生したら

葉巻を個人輸入して、届いたら葉巻に小さな虫がたくさん孵化していたら、急いで冷凍庫に入れましょう。ジプロックなどで虫が逃げないように密閉し、48時間冷凍庫で冷凍する(-20度でないと完璧には死にません。)。すると葉巻虫は死にます。その後、冷蔵庫保管のかたは冷蔵庫、ワインセラーやクーラーボックすなどの方はクーラーボックスへもどし、有る程度なじませてから吸うのがよいと思います。私は葉巻虫が発生していた葉巻が届いたときは2日冷凍し、その後そのまま取り出して、通常管理しているワインセラーに2週間おいてから吸いました。

葉巻虫が大きくなると葉っぱに穴をあけるようです。そうなるともうスカスカしてすえなくなってしまうので、早い処置が必要です。

下記の小さな虫は葉巻虫ではなく、ダニなどの一種のようです。カビなんかを食べているようです。葉捲虫というより下記の小さなのはよく遭遇します。

 

葉巻はどのくらいもつか?

保存状態によりますが、一般的に15年ぐらいが寿命たと言われています。湿度70%、温度18度ぐらいにキープし保管し、葉巻は一定の条件で保管しましょう。日本ではヒュミドールの保管が非常に難しいので、初心者であれば、ワインセーラーやクーラーボックスなどで保管することをオススメいたします。

長さや太さで味はどのようにかわるのでしょうか?

初心者だと細くて短い手頃なサイズから始めると思われがちですが、実際はその逆です。葉巻は長く太い方がマイルドになると言われています。長いと、煙が葉巻の中を通る途中に冷やされるわけです。葉巻の灰はラジエター代わりになるとされ、灰はなるべく落とさないで吸うとさらにマイルドに煙が楽しめるのです。このような低温のマイルドな煙が葉巻の醍醐味であると言う方も多くいます。太い方が葉巻の味の変化もより楽しめるので、初心者の方は思い切って太くて長い葉巻を選択してみてください。

葉巻を吸う間隔はどのくらい?

葉巻を吸う間隔は連続して吸うと葉巻の煙が熱くなり、辛くなってしまうので、葉巻の煙が熱くならない程度の間隔で吸うのがベスト、1分ぐらい間隔をあけて吸うのが良いかと思います。あまり間隔をあけると今度は火が消えてしまいますので注意ください。火が消えてしまうと、灰をいったん落とすことになります。

世界にシガーブランドはどのくらい存在するのか?

今存在するシガーブランドを全て把握する事は困難です。次々新たなブランドが生まれ、また、地域限定で生産しているブランドもあるからです。そういった限定品を含めずに考えるとおおよそ500種類ぐらいではないかと言われています。メーカーも複数のブランドをつくるのでメーカーはその1/5ぐらいではないでしょうか。

どこまで吸えるの?

決まりはとくにありません。ギリギリまで吸う人もいれば、半ばでやめる人もいれば様々です。葉巻は大人の嗜みですので、親指と人差し指で持てないぐらいまで吸うのは見栄え的にかっこわるいですし。とわいえ高価な葉巻を真ん中でやめるのももったいないですし。どちらにしてもリラックスするために吸うものですから、あまりストレスにならない納得がいくところでやめるのが一番でしょうか。個人的には体調にもよりますが、体調が良いときは、親指と人差し指の2本指でもってあつくなってきたらやめます。調子が悪いときは半分でやめてしまうときもあります。その日の体調や葉巻の美味しい・まずいでかわります。

手巻きと機械巻きでの味の違いは?

手巻きはロングフィラー(トリッパ)を使ったプレミアムシガーで機械巻きとはショートフィラーを使ったドライシガーという違いがあります。プレミアムシガーは完全人力ということで価格が高価で葉の質もドライシガーよりも良いものを使用してるので香りや味はドライシガーより豊かです。ドライシガーは安価ですので、値段と味が合うお好みのドライシガーを見つける事ができるならばコストパフォーマンス的に良い

葉巻は肺に入れないって本当?

シガレットとは違い葉巻は口腔喫煙です。肺に入れません。葉巻の煙はシガレットに比べ強いので、肺に入れるのは困難です。もともとタバコは儀式などで使用し燃やした煙を患部に当てたり、より効率よく燃やす為に吹いたり吸ったりしたのが始まり。その煙が吸ったときにニコチンが体内に吸収され覚醒効果があったため嗜好品となったと考えられます。もともとは口腔喫煙が始まりだったわけです。

最近の研究結果では葉巻はアルカリ性なので口の粘膜からニコチンが吸収されるのですが、シガレットは酸性のため、肺に入れないとニコチンが吸収されないために吸い込むようになったと思われます。また、ニコチンは少量だと刺激剤となり、大量だと鎮痛剤となるため、葉巻とシガレットは求める内容も違うようです。人間はアルカリ性の方が身体に良いとされるので、アルカリ性の煙である葉巻は身体に良いということですね。吸い過ぎはNGですが。

レストランや公共の場で吸える?

プレミアムシガーは吸えないでしょう。オーセンティックバーか、バーベキューをしながらの屋外とか、煙は強烈に強いので、空気を共有するような室内なら、専門のお店。それ以外は屋外でしょうか。そういったところでないと落ち着いてすえませんし、喫煙所で40分シガレットの煙と一緒にすってもリラックスできません。落ち着いてゆっくりとできるシチュエーションで楽しみたいところです。

葉巻が美味しい時はあるの?

基本吸いたいときに吸えばいいのですが、昼、夜で合わせる葉巻等いろいろ経験するうちに好みがわかってくるでしょう。一般的に一番美味しいとされるのは食後に食後酒と一緒に吸うのが美味しいとされます。空腹時より満腹時の方が美味しいようです。他あまり堅苦しいときでないゆっくりとした時、時間に余裕が有る時などいろいろ言われますが、緊張してない時間に余裕がある時がリラックス効果が得れるのではないでしょうか。

葉巻は日本でも作っている?

日本で作られているシガーやシガリロはすべて機械巻きで、葉巻に使用される葉は全て海外から輸入している。日本で栽培しているタバコの葉はほとんどシガレット用で葉巻用には向いていないようです。ですのでプレミアムシガーは日本では作られていません。

リングは何時はずせばいいの?

リングはもともとオランダ商人がお客様に対し、自社ブランドと他の葉巻区別するために付けた説と、カテリーヌ2世が白い手袋をしたまま吸うため、手袋を汚さないようにバンドを付けたとする2つの説がある。現在はラッパー(カパ)が剥がれないように、するために付けているようだ。無理にはずすとラッパーが剥がれるので、中盤あたりまで吸っていると、葉巻があたたかくなり葉巻がやわらかくなってきます。そこでいったん外すのがベストだと重います。

葉巻を購入したときに、葉巻が透明の袋に1本1本はいってるが、保存時にははずすのか?

透明な袋は樹脂でできたセロファンと石油でできたポリエチレンの場合があります。樹脂でできたセロファンですと水蒸気は通しますが、最近は通し差内点を考えれば、そのまま袋に入れっぱなしで保存しても問題ないと思います。ポリエチレンは種類が様々ですので、一概には言えませんが空気も匂いもまったく通さない種類も考えられるため石油系であれば外した方がよいと思われます。